親知らずの抜歯

Tooth extraction 1

マーメイド歯科では、口腔外科専門医による親知らずの抜歯に対応しております。親知らずの生えてくる年齢や、生え方などは個人差があり、一概にすべての親知らずを抜かないといけないわけではありません。親知らずは、第三大臼歯といって、上下ともまっすぐに生えてきて、噛めるようであれば、そのまま抜かずに使っているかたもいます。

ですが、多くの場合、親知らずは日々のセルフケアの中でしっかりと磨き残しなく歯磨きができること自体難しいのが現実です。磨き残しがあると、そこから虫歯になるリスクがありますし、仮に虫歯を治療したとしても、また同じようにケアが行き届かないと虫歯を繰り返すことになります。

また,親知らずは、横向きに生えてきたり、頭しか出てこなかったり、歯肉の中にはあるけれど、一生出てこない場合もあります。
マーメイド歯科は歯科用CTがありますあので、親知らずの状態を3D画像で見て確認できます。

さらに、歯のかみ合わせや生え方によって、急に痛みが出る場合もあります。智歯周囲炎といい、親知らずの周りが炎症をおこし、痛みがでます。

Tooth extraction 2

親知らずは痛みや腫れがあると、抜歯の際に麻酔が効きにくいため、抗生剤や痛み止めを服薬して、炎症がひいてからの抜歯になります。マーメイド歯科での親知らず抜歯は、口腔外科の専門医による手技になりますので、カウンセリングから、安心してお任せください。また、CTやX線画像で確認した際に、太い神経などに歯の根尖がさわっているような場合は、大学病院や市民病院にご紹介することも可能です。

ほかの医院での診断についてのセカンドオピニオンにも対応しております。親知らずについて、相談がありましたら、ぜひマーメイド歯科の口腔外科専門医にお問い合わせください。